EXHIBITION

【お知らせ】ドイツのギャラリー BLECH にて、2020年7月17日まで開催中の展覧会「working title」に太田泰友が出展しています。


この度、2020年6月19日から、2020年7月17日まで、ドイツのハレにあるギャラリー「BLECH」で開催されている展覧会「working title」に、ブックアーティスト 太田泰友が出展させていただいています。

展覧会「working title」について

「あなたの作品について、少し話してもらえますか?」というのは、アーティストのトークや展覧会での一般的な会話の始まりです。しかし、特定の作品について話すのではなく、芸術作品の〈プロセス〉と〈現実〉について語ることで、より正確な洞察を得ることが出来ます。

芸術作品は、社会の他の仕事とどのように違うのか、芸術作品が最終的に〈作品〉と呼ばれるのはなぜか、アーティストの仕事の〈リアル〉に迫るプロジェクトです。

この展覧会では、ドイツ、インド、アメリカ、スロバキア、ベルギー、イギリス、日本、イタリア、チェコ、世界各国のアーティストたちの作品制作の背景にあるプロセスを、映像プログラムとして上映。完成した作品を展示するのではなく、様々な分野の作家たちがアーティストとして活動する際の、日常的な仕事の様子が抜粋されています。

ギャラリーの様子(BLECH ウェブサイトhttps://raumfuerkunsthalle.de/en/blech/より引用)

映像は、道路に面した大きな窓にプロジェクションする形で映し出され、ギャラリーの外から観ることが出来るとのこと。ギャラリーがあるハレという街は、かつて太田がドイツで活動拠点としていた、ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学がある場所でもあります。

コロナ禍の真っ只中であるこの時期に、このように世界のアーティストの方々と、展覧会を通して繋がることが出来るのは、とても嬉しい機会です。日本のみなさまには、会場を直接ご覧いただくことは難しい状況ですが、instagram で少しずつ情報発信されていますので、ぜひそちらもチェックしてみて下さい。

展覧会「working title」instagram(@working____title)
BLECH instagram(@blech_kunst_ev)
BLECH ウェブサイト

関連記事

  1. 【スタッフ日記】OB-Talk 04「カリグラフィック・アイ」配…
  2. 【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で “Book…
  3. 【レポート】2019年9月29日「OTAブックラボ」アトリエを使…
  4. 【雑誌】『宝生』2021 年3・4 月号(第69 号)に、太田泰…
  5. 宝生会企画公演「夜能 ~夜語りの会~『雷電』」朗読台本の製本を、…
  6. 【スタッフ佐藤の Binding Road】#1 はじまり
  7. 【春陽堂書店 web 連載】ついに最終回! 第24回「本を温ねて…
  8. 【お知らせ】2020年1月26日(日)「OTAブックアート 箔押…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【雑誌】『宝生』2021 年3・4 月号(第69 号)に、太田泰友がエッセイを寄稿させていただきました。

公益社団法人 宝生会が隔月で発行する、シテ方宝生流の雑誌『宝生』に掲載…

【レポート】2020年4月11日「OTAブックラボ 第0期」リモート・ラボミーティングを実施しました。

複数の画面がパズルのように並んだこの画。ここ最近、「リモート飲み会やってみた」「リモー…

【お知らせ】ドイツのギャラリー BLECH にて、2020年7月17日まで開催中の展覧会「working title」に太田泰友が出展しています。

この度、2020年6月19日から、2020年7月17日まで、ドイツのハレにあるギャラリー「BL…

PAGE TOP