EXHIBITION

【お知らせ】ドイツのギャラリー BLECH にて、2020年7月17日まで開催中の展覧会「working title」に太田泰友が出展しています。


この度、2020年6月19日から、2020年7月17日まで、ドイツのハレにあるギャラリー「BLECH」で開催されている展覧会「working title」に、ブックアーティスト 太田泰友が出展させていただいています。

展覧会「working title」について

「あなたの作品について、少し話してもらえますか?」というのは、アーティストのトークや展覧会での一般的な会話の始まりです。しかし、特定の作品について話すのではなく、芸術作品の〈プロセス〉と〈現実〉について語ることで、より正確な洞察を得ることが出来ます。

芸術作品は、社会の他の仕事とどのように違うのか、芸術作品が最終的に〈作品〉と呼ばれるのはなぜか、アーティストの仕事の〈リアル〉に迫るプロジェクトです。

この展覧会では、ドイツ、インド、アメリカ、スロバキア、ベルギー、イギリス、日本、イタリア、チェコ、世界各国のアーティストたちの作品制作の背景にあるプロセスを、映像プログラムとして上映。完成した作品を展示するのではなく、様々な分野の作家たちがアーティストとして活動する際の、日常的な仕事の様子が抜粋されています。

ギャラリーの様子(BLECH ウェブサイトhttps://raumfuerkunsthalle.de/en/blech/より引用)

映像は、道路に面した大きな窓にプロジェクションする形で映し出され、ギャラリーの外から観ることが出来るとのこと。ギャラリーがあるハレという街は、かつて太田がドイツで活動拠点としていた、ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学がある場所でもあります。

コロナ禍の真っ只中であるこの時期に、このように世界のアーティストの方々と、展覧会を通して繋がることが出来るのは、とても嬉しい機会です。日本のみなさまには、会場を直接ご覧いただくことは難しい状況ですが、instagram で少しずつ情報発信されていますので、ぜひそちらもチェックしてみて下さい。

展覧会「working title」instagram(@working____title)
BLECH instagram(@blech_kunst_ev)
BLECH ウェブサイト

関連記事

  1. 太田泰友が出展する「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020…
  2. 【デザインノート ON THE WEB】“Book Para-S…
  3. 【ウェブメディア】美術手帖に「ポーラ ミュージアム アネックス展…
  4. 【お知らせ】セゾン現代美術館「都市は自然」に、ブックアーティスト…
  5. 【雑誌】『宝生』2021 年3・4 月号(第69 号)に、太田泰…
  6. 【レポート】2019年8月28日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  7. 【TV】2022年5月14日(土)、フジテレビ系『新しいカギ』に…
  8. 【TV】2022年9月17日(土)、フジテレビ系『新しいカギ』で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【スタッフ佐藤の Binding Road】#14 追分「夫婦箱」

いよいよOTAブックアートの製本ワークショップ通年プログラム最後の課題となりました。前回ご紹介した…

【雑誌】『宝生』2021 年3・4 月号(第69 号)に、太田泰友がエッセイを寄稿させていただきました。

公益社団法人 宝生会が隔月で発行する、シテ方宝生流の雑誌『宝生』に掲載…

【スタッフ日記】製本アーティスト 山崎曜さんの作品展「ひかるもの」を観に行きました。

製本アーティスト山崎曜さんの作品展「ひかるもの」へ行ってきました!今回の展示で…

PAGE TOP