MEDIA

【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (20) 「コロタイプの未来編」公開


太田泰友による、春陽堂書店の好評連載『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第20回が公開されました。☞https://www.shunyodo.co.jp/blog/2019/11/book_art20/

この連載では、本の新しい可能性を見せてくれるブックアートをさらに深く追究するべく、ドイツを中心に欧米で活躍してきたブックアーティスト太田泰友が、本に関わる素晴らしい技術や材料を求めて、日本国内を温(たず)ねる旅をしています。

前回の記事に引き続き、京都便利堂でお話を伺った「印刷を温ねて」。第20回のテーマは「コロタイプの未来編」です。

世界最古の写真印刷技法とも言われる「コロタイプ」は、如何にして現代まで生き延びて来たのか。そして、印刷業界においてさまざまな技術が台頭する中で、新しい技術と、伝統的なコロタイプの技術は、それぞれどのような役割を持っているのでしょうか。太田泰友がコロタイプの未来を見つめ、ブックアートとの接点を考えます。

記事の中では、コロタイプ印刷工房の現場に響く貴重な印刷の〈音〉もお聞きいただけます。続きは、春陽堂書店のWEBサイトでお楽しみください。

『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第20回
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2019/11/book_art20/


▼これまでの連載一覧
https://www.shunyodo.co.jp/blog/oota18/

📘「和紙を温ねて」
手漉き和紙作家 ロギール・アウテンボーガルトさん

📘文字を温ねて」
カリグラファー 白谷泉さん

📘「印刷を温ねて」
シルクスクリーン印刷工房 岡部版画工房

📘「箔押しを温ねて」
箔押し師 中村美奈子さん

関連記事

  1. 【noteを更新しました】OB-Talk 03 「一億総ブックア…
  2. 【レポート】2019年8月28日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  3. 【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『…
  4. 【スタッフKの作品紹介】“Book Para-Site” と “…
  5. 【雑誌】『宝生』2021 年3・4 月号(第69 号)に、太田泰…
  6. 【レポート】2019年7月25日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  7. OTAブックラボ 2022 メンバー募集
  8. 【スタッフ日記】製本アーティスト 山崎曜さんの作品展「ひかるもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【イベント】12月8日(日)製本マルシェに、OTAブックアート ショッピングセンターが出店します。

この度、2019年12月8日(日)、東京製本倶楽部が主催するイベント「製本マルシェ Ma…

【レポート】OTAブックアート ショッピングセンター が「製本マルシェ」に出店しました。

製本材料や道具のフリーマーケット「製本マルシェ March…

OTAブックラボ 第0期のこれまでと第1期メンバーの募集について—— 太田泰友の Book Arts Journey(3)

2018年10月にスタートした OTAブックラボ 第0期。メンバーそれぞれが本を作り、その過程をラボ…

PAGE TOP