NEWS

【映像】OB-Talk 01「内側から滲み出る造本デザイン」収録映像のダイジェスト版を公開しました。

収録映像のフルバージョンはこちら☞ https://note.com/otabookarts/n/ne9dea01ecd49

2020年4月18日に開催したオンライン・トークイベント、OB-Talk 01 「内側から滲み出る造本デザイン」収録映像のダイジェスト版を、OTAブックアートのYoutubeチャンネル で公開しました。

OTAブックアートが企画する、本の可能性の追究を目的にしたオンライン・トークイベント OB-Talk。第 1 回のゲストは、グラフィックデザイナーの加藤亮介さん。「内側から滲み出る造本デザイン」というテーマで、本を追究しました。 本を作る工程を分業したとき、デザイナーがブックデザインを施す際に、一歩間違えると、表面的な部分を繕うことにエネルギーが偏ってしまうということが起こり得ます。本の〈内側〉から滲み出てくるように現れるデザインがあるべきではないのか。加藤さんがピックアップした本を見ながら考えました。

【ゲスト】
加藤亮介(グラフィックデザイナー/加藤亮介デザイン事務所) http://www.ryosukekato.com
1987 年、群馬県生まれ。アートディレクター、グラフィックデザイナー。
2011 年、首都大学東京システムデザイン学部卒業。
2013 年、東京藝術大学大学院美術研究科修了後、日本デザインセンター入社。色部デザイン研究室、原デザイン研究所を経て、2018 年に独立。同年、加藤亮介デザイン事務所を設立。  

【聞き手】
太田泰友(ブックアーティスト/OTAブックアート)
https://ota-bookarts.jp
1988 年生まれ、山梨県育ち。ブック・アーティスト。OTA ブックアート代表。 2017 年、ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学(ドイツ、ハレ)ザビーネ・ゴルデ教授のもと、日本人初のブックアートにおけるドイツの最高学位マイスターシューラー号を取得。同年、東京に OTA ブックアートを設立。
国内の主な作品収蔵先に、うらわ美術館(埼玉)、株式会社竹尾(東京)など。欧米では、ドイツ国立図書館やスタンフォード大学を始め多くの作品をパブリック・コレクションとして収蔵している。2016 年度、ポーラ美術振興財団在外研修員(ドイツ)。

📘 次回の OB-Talk
2020年5月2日(土)の OB-Talk 02 「めくるめくカレンダーと本の世界」についてはこちら

📘 関連記事
【スタッフ日記】オンライン・トークイベント「OB-Talk 」初回配信の裏側と当日のレポート。
【noteを更新しました】OB-Talk のチケット売り上げの寄付について
【noteを更新しました】OB-Talk 01「内側から滲み出る造本デザイン」収録動画の配信がスタート。
【noteを更新しました】なぜ、OB-Talk を有料のイベントにしたのか?
【お知らせ】OTAブックアートの note をはじめました。

関連記事

  1. 【ウェブメディア】美術手帖に「ポーラ ミュージアム アネックス展…
  2. 【noteを更新しました】OB-Talk 03 「一億総ブックア…
  3. 【お知らせ】新型コロナウイルス感染拡大に伴うワークショップ・イベ…
  4. 【レポート】2019年10月6日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  5. 【お知らせ】2020年2月24日(月・祝)「OTAブックアート …
  6. 宝生会企画公演「夜能 ~夜語りの会~『雷電』」朗読台本の製本を、…
  7. 【noteを更新しました】OB-Talk 02 「めくるめくカレ…
  8. 【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【お知らせ】「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020 —真正と発気—」は3月2日(月)から臨時休業となります。

太田泰友が出展中の展覧会「ポーラ ミュージアム アネックス展2020 —真正と発気…

【雑誌】『宝生』2021 年3・4 月号(第69 号)に、太田泰友がエッセイを寄稿させていただきました。

公益社団法人 宝生会が隔月で発行する、シテ方宝生流の雑誌『宝生』に掲載…

【お知らせ】セゾン現代美術館で 2020年7月26日(日)から開催される企画展「都市は自然」に、太田泰友が出展します。

この度、2020年7月26日(日)から 11月23日(月・祝)に、セゾン現代美術館で開…

PAGE TOP