EVENT

【スタッフ日記】オンライン・トークイベント「OB-Talk 」初回配信の裏側と当日のレポート。

みなさま、いかがお過ごしですか? スタッフKです!

2020年4月18日、OTAブックアートがお届けするオンライン・トークイベント「OB-Talk」第1回を配信しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、ワークショップなどのイベント休止はもちろん、太田が出展を予定していた展覧会も休館・延期せざるを得なくなり、このような状況下でも、みなさんと〈本を追究する〉方法は無いものかと考え、立ち上げたプロジェクトです。

とにかくやってみようと決めてからは、勇み足で準備が進みました。初回ゲストは、太田にとって「造本見本帳」というユニットで気心の知れた相方でもある、グラフィックデザイナーの加藤亮介さん。

Zoom というサービスを使っての配信は、全員にとって初めての試みだったので、テストは入念に行いました。この企画では、話題にあがった本をしっかりと見せる必要があるので、あれこれと試行錯誤した結果、本を映すためだけのカメラを設けることに。今回は、ゲストが所有する本が登場するので、加藤さんがパソコンとスマホをダブルで接続し、〈加藤さん/本/太田〉の3種類の画面を切り替えながら視聴できる仕組みにしました。

加藤さんとの配信テストに加えて、OB スタッフだけでのリハーサルも実施。実際に本番を想定してリハーサルをしてみると「ここで音楽を入れた方が盛り上がるよね」といった欲も出てきました。その欲が出てきたのは、限りなく当日に近い前日。時間帯のせいもあり、オールナイトニッポンのブースを仕切っているぐらいの気分に浸りながら、私スタッフK は裏方として、音楽を流す方法を研究して練習しました。太田も、トークの中で扱う予定の本のリストを見て、必ず触れたい話や、この部分はセッションを楽しみたい、といった展開をイメージ。チームOB は、ランナーズハイに近い状態で本番の日を迎えました。

いざ、初回配信当日。

あまりに勇み足で進めた企画だったため、お知らせ期間は 1週間足らず。加藤さんと太田が仲良く 2人っきりでトークルームに入り、無観客で本を語る、ただのリモートお茶会状態になるというシナリオまで覚悟はしていました。

それが、チケットの販売を AM 10:00 で締め切り、参加者の数を見て身の引き締まる思いに! 人が集まっている。本当に有り難いことです。

参加者の方には、オンラインでのイベント会場となる、トークルームの URLとパスワードの情報をメールでお送りしました。会場の地図と鍵のようなものです。会場に入れるのは、イベント開始の15分前から。
不審者や参加者以外の方が紛れ込むことを防止するために、申し込み情報の名前と照らし合わせ、確認を取りながら一人ひとりトークルームへの入室を許可して、参加者全員が揃ったところで、ようやく配信スタートです。

収録映像のフルバージョンはこちら☞ https://note.com/otabookarts/n/ne9dea01ecd49

今回は、このイベントが Zoom デビューだという方も多かったので、まずは冒頭で太田から出来るだけ丁寧に、操作方法をご説明。トークが始まると、みなさんから 2人への質問や感想をチャットで送っていただき、ライブ配信ならではのやり取りで盛り上がりました。
本編では、「内側から滲み出る造本デザイン」をテーマに、加藤さんがピックアップした本を見ながら濃密にトーク。合計、7冊のデザインに触れながら、本を追究しました。語りたい本のストックは、実はまだたくさん準備してあるので、そちらはまた改めて、加藤さん第2弾の回を設けてご覧いただくことにします。

そんなこんなで、手探りの手作りながらも、みなさまのご協力のもと無事に終えた OB-Talk 01 。参加者の方々からは、こんな声をいただきました。

参加者の声

  • 家にいながらアート、ブックアート、デザインの世界に没頭できた。
  • トークの中で、太田さんの作品も取り上げられて、話を聞けたのが嬉しかった。
  • 実際に集まって参加するイベントだと、本の細部などは前列の人しか見えないけれど、本専用のカメラで作品をアップで観れたのが、オンラインならではの面白さだった。
  • 次回の配信も楽しみ!
  • その時間だけ画面の前に居て、部屋着で聞けて、実際、集まらずに参加できるのは楽だった。このスタイルは、むしろ自粛期間が終わっても続けて欲しい。
  • オンラインなので、話を聞きながら調べることも出来てよかった。
  • タイトルを見て、小難しい話なのかなと思っていたら、アットホームな雰囲気のトークで、気楽に聞けてよかった。
  • 画面なども見やすく工夫されており、少し広めの会議室で、プロジェクターを見ながら講義を受けているような印象で、とても分かりやすかった。
  • 足を運ぶイベントだと半日がかりになってしまうけれど、イベントの時間だけ確保すれば良いので、参加しやすかった。
  • 初めてオンラインイベント参加だったが、とても有意義な時間だった。


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。次回の配信も、楽しいおうち時間を過ごしていただけるように、スタッフ一同、全力で準備しております。どうぞお楽しみに!

📘 次回の OB-Talk
2020年5月2日(土)の OB-Talk 02 「めくるめくカレンダーと本の世界」についてはこちら

📘 関連記事
【noteを更新しました】OB-Talk のチケット売り上げの寄付について
【noteを更新しました】OB-Talk 01「内側から滲み出る造本デザイン」収録動画の配信がスタート。
【noteを更新しました】なぜ、OB-Talk を有料のイベントにしたのか?
【お知らせ】OTAブックアートの note をはじめました。

関連記事

  1. 【noteを更新しました】OB-Talk 売上金の寄付のご報告
  2. 【スタッフ日記】オーストラリア “Canberra Craft …
  3. 【蔵出しレポート】2020年1月25日「OTAブックラボ」の個人…
  4. 【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (1…
  5. ドイツから本づくりの道具を厳選輸入!OTAブックアート ショッピ…
  6. 【春陽堂書店 web 連載】ついに最終回! 第24回「本を温ねて…
  7. 【お知らせ】2020年9月26日(土)― 10月11日(日)「ポ…
  8. 【住まいる Cafe MAGAZINE 城南版 VOL. 70(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【レポート】2020年1月19日「OTAブックアート ショッピングセンター OPEN DAY」を開催しました。

2020年1月19日(日)、「OTAブックアート ショッピングセン…

【スタッフ日記】ブックアートの秋! 太田泰友、銀座・横浜・軽井沢で同時に出展中。

こんにちは、スタッフKです!Go To キャンペーンなど、お出かけの話題を聞くことも増えて…

【BS朝日】11月19日(火)「魔法にかかった島々 ~武田双雲 現代アートでポジティブ旅~」

ブックアーティスト 太田泰友も出展した「瀬戸内国際芸術祭2019」を書道家の武田双雲さんが…

PAGE TOP