MEDIA

【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『雷電』の朗読台本について、ご紹介いただきました。

株式会社 竹尾 のウェブストア takeopaper.com で、太田泰友が製本を担当させていただいた、宝生流企画公演 夜能 『雷電』の台本について、ご紹介いただきました。

記事が掲載されたのは「あの紙、この紙」というコーナー。アーティストやデザイナーなど、竹尾の紙を使っている人たちが、どの用紙をどういった理由で選び、どんなものを制作したかを紹介するコーナーです。

太田が製本を担当したのは、宝生流の企画公演として2020年9月に上演された、「夜能 〜夜語りの会〜『雷電』」の舞台上で、速水奨さんに使用して頂いた朗読台本。

使用した用紙の詳細や、製本するにあたって工夫した点など、制作の裏側も綴られていますので、ぜひご覧ください。

▼ takeopaper.com「あの紙、この紙」▼
https://takeopaper.com/special/anokono/detail/20120234.html

関連記事

  1. 【レポート】2020年1月13日「OTAブックラボ」個人ミーティ…
  2. 【お知らせ】OTAブックアートの note をはじめました。
  3. 【noteを更新しました】OB-Talk 05「ブックデザインは…
  4. 東京・八重洲に巨大な本が出現!太田泰友 “Book Para-S…
  5. 【お知らせ】セゾン現代美術館「都市は自然」に、ブックアーティスト…
  6. 【スタッフ日記】ただいま準備中! OB-Talk 01 「内側か…
  7. 【ウェブメディア】美術手帖に「いま、訪れたい美術館。『都市は自然…
  8. 【山梨日日新聞】2020年10月8日(木)、太田泰友の新作「Im…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【雑誌】『宝生』2021 年3・4 月号(第69 号)に、太田泰友がエッセイを寄稿させていただきました。

公益社団法人 宝生会が隔月で発行する、シテ方宝生流の雑誌『宝生』に掲載…

【スタッフ日記】OB-Talk 04「カリグラフィック・アイ」配信リハーサルを実施しました。

OTAブックアートがお届けするオンライン・イベント、OB-talk 04「カリグラフィ…

【山梨日日新聞】2020年10月8日(木)、太田泰友の新作「Imagine」と「Pupal」に関する記事が掲載されました。

▲ 2020年10月8日(木)山梨日日新聞より2020年10月8日(木)の…

PAGE TOP