MEDIA

【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『雷電』の朗読台本について、ご紹介いただきました。

株式会社 竹尾 のウェブストア takeopaper.com で、太田泰友が製本を担当させていただいた、宝生流企画公演 夜能 『雷電』の台本について、ご紹介いただきました。

記事が掲載されたのは「あの紙、この紙」というコーナー。アーティストやデザイナーなど、竹尾の紙を使っている人たちが、どの用紙をどういった理由で選び、どんなものを制作したかを紹介するコーナーです。

太田が製本を担当したのは、宝生流の企画公演として2020年9月に上演された、「夜能 〜夜語りの会〜『雷電』」の舞台上で、速水奨さんに使用して頂いた朗読台本。

使用した用紙の詳細や、製本するにあたって工夫した点など、制作の裏側も綴られていますので、ぜひご覧ください。

▼ takeopaper.com「あの紙、この紙」▼
https://takeopaper.com/special/anokono/detail/20120234.html

関連記事

  1. 【レポート】2019年9月10日「OTAブックラボ」個人ワークシ…
  2. 【お知らせ】2020年1月26日(日)「OTAブックアート 箔押…
  3. 【レポート】2019年12月5日「OTAブックラボ」個人ワークシ…
  4. 【TV】2022年9月17日(土)、フジテレビ系『新しいカギ』で…
  5. 【noteを更新しました】OB-Talk 05「ブックデザインは…
  6. 【スタッフ日記】オーストラリア “Canberra Craft …
  7. 【雑誌】2018年12月12日(水)発売「+81(PLUS EI…
  8. 【お知らせ】セゾン現代美術館「都市は自然」に、ブックアーティスト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【レポート】OTAブックアート ショッピングセンター が「製本マルシェ」に出店しました。

製本材料や道具のフリーマーケット「製本マルシェ March…

【レポート】2020年1月19日「OTAブックアート ショッピングセンター OPEN DAY」を開催しました。

2020年1月19日(日)、「OTAブックアート ショッピングセン…

【住まいる Cafe MAGAZINE 城南版 VOL. 70(2月3月号)】太田泰友のインタビューが掲載されました。

「住まいる Cafe MAGAZINE 城南版 VOL. 70(2月3月号)」…

PAGE TOP