MEDIA

【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『雷電』の朗読台本について、ご紹介いただきました。

株式会社 竹尾 のウェブストア takeopaper.com で、太田泰友が製本を担当させていただいた、宝生流企画公演 夜能 『雷電』の台本について、ご紹介いただきました。

記事が掲載されたのは「あの紙、この紙」というコーナー。アーティストやデザイナーなど、竹尾の紙を使っている人たちが、どの用紙をどういった理由で選び、どんなものを制作したかを紹介するコーナーです。

太田が製本を担当したのは、宝生流の企画公演として2020年9月に上演された、「夜能 〜夜語りの会〜『雷電』」の舞台上で、速水奨さんに使用して頂いた朗読台本。

使用した用紙の詳細や、製本するにあたって工夫した点など、制作の裏側も綴られていますので、ぜひご覧ください。

▼ takeopaper.com「あの紙、この紙」▼
https://takeopaper.com/special/anokono/detail/20120234.html

関連記事

  1. 【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (1…
  2. 【雑誌】BRUTUS(2022年8月15日号 No. 967) …
  3. 【noteを更新しました】OB-Talk 04「カリグラフィック…
  4. OTAブックラボ 2022 メンバー募集
  5. 【春陽堂書店 web 連載】第21回「本を温ねて、ブックアートを…
  6. 【蔵出しレポート】2020年1月19日「OTAブックラボ」の個人…
  7. 宝生会企画公演「夜能 ~夜語りの会~『雷電』」朗読台本の製本を、…
  8. 【お知らせ】2022年4月1日(金)– 4月22日(金)銀座 蔦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (17) 「箔押しの今日編」公開

太田泰友による、春陽堂書店の好評連載『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第17回が公…

【お知らせ】2022年4月1日(金)– 4月22日(金)銀座 蔦屋書店 にて、個展「太田泰友の標本室」が開催されます。

2022年4月1日(金)から 4月22日(金)、銀座 蔦屋書店の5周年を記念した展示企画として、店…

OTAブックラボ 第0期のこれまでと第1期メンバーの募集について—— 太田泰友の Book Arts Journey(3)

2018年10月にスタートした OTAブックラボ 第0期。メンバーそれぞれが本を作り、その過程をラボ…

PAGE TOP