NEWS

【お知らせ】OTAブックラボ 第1期メンバーを募集します。

OTAブックアートでは、この度「OTAブックラボ」の第1期メンバーを募集いたします。OTAブックラボは、ブックアーティスト ・太田泰友が 2018年10月に立ち上げた、あたらしい〈本づくりの場〉です。
ブックアートの本場であるドイツ国内でも唯一の「ブックアート科」が存在する、ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学で太田が経験してきたラボのスタイルを取り入れながら、ラボメンバーと共に〈本の可能性を追究〉しています。

どんなジャンルやアプローチでも構いません。本をつくることの追究を目的にメンバーが集まり、作品の発表はもちろん、制作過程で意見交換をしたり、本づくりに関わる情報交換をします。本を軸に集まった仲間たちと、ひとりではできない、ラボならではの本づくりの追究に挑戦してみませんか?

OTAブックアート代表・太田泰友 プロフィールはこちら

OTAブックラボ  第1期募集要項

◼︎ 主な活動内容

⚫︎ 共通テーマを掲げ、メンバーがそれぞれ本を作ります。
(テーマは、初回ミーティングで発表します)
⚫︎ 月1回開催のラボミーティングで、メンバーそれぞれが作品制作の進捗状況や考えていること、試行錯誤したものを発表。メンバー同士で様々な角度から本を追究します。
⚫︎ ラボ内で作品の中間発表、最終発表を実施。
⚫︎ ラボの活動の成果を、ラボの外に向かって発表することを模索します。
⚫︎ 各自での制作で、OTAブックアートのアトリエ使用や、太田泰友による個人ワークショップも利用できます。
⚫︎ その他、活動を進めながら、ラボとして随時新しいアイデアを積極的に取り入れていきます。

〈プレ期間の導入〉

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、状況が落ち着くまでは、オンラインでの活動を展開する「プレ期間」とします。アトリエに集まることが可能になるタイミングを見計らって、本スタートとします。


◼︎ プレ期間の活動内容

⚫︎ 第1期の制作テーマを決定した上で、各自が作品の構想を練り始めます。
⚫︎ 月1回、ビデオ通話によるオンラインミーティングを実施し、ラボメンバーと進捗状況を共有。ミーティングの内容は基本的に通常期間と同様で、オンラインかアトリエかという形式のみ異なります。
⚫︎ ラボメンバー全体でのグループミーティングの他に、更に時間をかけて制作の相談をしたいメンバーは、太田とマンツーマンの個人ミーティングを追加できます。(※ 料金は、通常の個人ワークショップの料金を適用)


◼︎ ワークショップについて

OTAブックアート主催のワークショップを定期開催します。
製本やデザインなど、本づくりに必要な技術のワークショップを組み合わせて受講することで、よりクオリティの高い作品を目指すことが出来ます。ラボメンバーは、一般に先駆けて優先申し込みをご利用いただけます。

〈製本のワークショップ〉

講師:佐藤真紀(製本家/OTAブックアート・バインディングチーム)
製本技術を習得するため、下記の2種類のワークショップを開催。
・初心者向けの、ラボの期間を通した通年プログラム(月に1回のペース)
・その都度テーマを設けた単発のワークショップ(だいたい隔月のペース)

〈デザインのワークショップ〉

講師:加藤亮介(アートディレクター・デザイナー/加藤亮介デザイン事務所 代表)
3テーマに分けた、デザインに関するワークショップを開催。実践的な制作に取り組む課題と講評を中心にした内容。
①名刺(1日完結/予定)
②A4 フライヤー(2回完結/予定)
③フィールドワークを元にした ZINE(4回完結/予定)
各ワークショップで、事前課題、ワークショップ内での作業、持ち帰りの課題、講評会を基本に、頭と手を動かした実践的な制作を通して、本の制作に生きる思考と技術の蓄積を図ります。

〈企画ワークショップ〉

テーマ毎にゲスト講師を招き、作品制作を深めるために必要な講義やワークショップを開催。印刷、紙、文字、写真など、本に関連した内容を予定しています。
第0期で開催した「印刷特別講義」のレポートはこちら


◼︎ 活動期間

活動期間: 2020年6月- 2021年9月(予定)

⚫︎ 2020年4月- 5月
参加メンバー募集・事前面談

⚫︎ 2020年6月- 2021年9月
プレ期間→通常期間→展示準備・ブラッシュアップ期間

※プレ期間の長さに応じて、活動期間の内訳と、終了時期を変更する可能性があります。


◼︎ スケジュール予定

⚫︎ 2020年6月7日(日)14:00:第1期プレ期間初回ミーティング(オンライン)
⚫︎ (日時未定):ラボ内での中間発表
⚫︎ (日時未定):ラボ内での最終発表
⚫︎ 2021年9月(予定):一般公開の展示開催

※2回目以降のミーティングは、新型コロナウイルス問題の状況と、メンバーの都合を考慮して、日時を設定します。


◼︎ 料金について

〈会費〉

⚫︎ プレ期間:¥1,500+税/月
⚫︎ 通常期間(制作期間1年間 + 仕上げ期間6ヶ月):¥41,000+税(第0期からの継続メンバー:¥36,000+税)※毎月のラボミーティングは、制作期間のみ開催。
⚫︎ プレ期間は、月毎にお振込、通常期間は一括か2回分割でのお振込。

〈個人ワークショップ〉

¥3,000+税/1時間

〈アトリエ使用〉

1名の場合: 2.5時間 ¥6,000+税
2名の場合: 2.5時間 ¥4,000+税


◼︎ 会場

OTAブックアート(東京都品川区小山 2-16-3 / 東急目黒線 武蔵小山駅より徒歩7分)


◼︎ お申し込み

⚫︎ 締め切り:2020年5月17日(日)までにご応募ください。

⚫︎ OTAブックラボの活動コンセプトと参加目的に齟齬が無いかどうかの確認や、活動に関するご説明、アトリエの雰囲気を知っていただくためにも、ビデオ通話による面談を実施します。

⚫︎ 面談の内容によっては、ご希望に沿うことが出来ない場合もございますので、ご了承ください。

⚫︎ 2020年5月25日(月)までにメンバーを決定し、通知メールをお送りします。

⚫︎ 通常期間スタート時に、その時の状況を見て、メンバーを追加募集する可能性がありますが、必ず追加募集するとは限りません。

〈お申し込み方法〉

件名を「OTAブックラボ  第1期申し込み」として、下記の必須項目をご記入の上、info@ota-bookarts.jp までメールでお送りください。

① 氏名 
② ご連絡先(電話番号、メールアドレス)
③ 面談希望日時(第3候補まで) 
④ お住まいの都道府県
⑤ 本を制作するにあたって、関わりのありそうなこれまでの経験(何が関わりそうかは、ご自身の基準で構いません。)
⑥ 活動をするにあたって、特に確認をしておきたいこと、不安なこと
⑦ 参加目的・意気込み

⚫︎ 面談は、ビデオ通話にて実施します。
⚫︎ 面談実施日時とビデオ通話の方法は、メールのお返事を差し上げる際にお知らせします。
⚫︎ 面談は、15分-30分程度を予定しています。
⚫︎ 遠方からのご参加で、アトリエでの面談が難しい場合にはご相談ください。


◼︎ 参加資格

⚫︎ 経験は問いません。
⚫︎ 自分なりに本づくりを追究したい人は、ジャンルも経験も問わず、お申し込み下さい。
⚫︎ OTAブックアートのアトリエには、特に製本に関する設備が多くありますが、手製本をしなくても全く問題ありません。それぞれのスタイルを追究することがラボの目的です。


◼︎ お問い合わせ 

OTAブックアート
E-mail: info@ota-bookarts.jp


📘 OTAブックラボに関する記事一覧はこちら
https://ota-bookarts.jp/b-log/category/atelier-news/workshop/otabooklab/

関連記事

  1. 【四国新聞】2019年7月5日「Izumoring—cosmos…
  2. 【映像】OB-Talk 03「一億総ブックアーティスト時代」収録…
  3. 【デザインノート ON THE WEB】“Book Para-S…
  4. 【お知らせ】「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020 —真…
  5. 【蔵出しレポート】2020年1月13日「OTAブックラボ」の個人…
  6. 【春陽堂書店 web 連載】第23回「本を温ねて、ブックアートを…
  7. 【レポート】2019年12月5日「OTAブックラボ」個人ワークシ…
  8. 【スタッフKの作品紹介】“Book Para-Site” と “…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 5月 02日

おすすめ記事

【お知らせ】新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う、セゾン現代美術館「都市は自然」展の再延期について。(2020 年 4 月 21 日発表)

ブックアーティスト 太田泰友 が出展する、セゾン現代美術館の展覧会「都市は自然」展…

【noteを更新しました】 OB-Talk 03 「一億総ブックアーティスト時代」

2020年5月16日(土)に開催する OTAブックアートのオンライン・トークイベント「OB…

【スタッフ日記】オンライン・トークイベント、OB-Talk 02「めくるめくカレンダーと本の世界」を配信しました。

どうも、スタッフK です!おうち時間をお過ごしのみなさまに打って付けの、オンライン・トークイベ…

PAGE TOP