EVENT

【note を更新しました】OB-Talk 01 「内側から滲み出る造本デザイン」

2020年4月18日(土)に開催する OTAブックアートの新イベント「OB-Talk」第1回目の配信について、詳細情報を note に投稿しました。

OTAブックアートが企画する、本の可能性を追究を目的にしたオンライン・トークイベント OB-Talk、第 1 回のゲストは、グラフィックデザイナーの加藤亮介さん。「内側から滲み出る造本デザイン」というテーマで、本を追究してみます。

本を作る工程を分業したとき、デザイナーがブックデザインを施す際に、一歩間違えると、表面的な部分を繕うことにエネルギーが偏ってしまうということが起こり得ます。本の〈内側〉から滲み出てくるように現れるデザインがあるべきではないのか。加藤さんがピックアップした本を見ながら、考えていきたいと思います。

OTAブックアート note OB-Talk 01 「内側から滲み出る造本デザイン」

続きは、note の記事をご覧ください。
OB-Talk 01 「内側から滲み出る造本デザイン」

📗 関連記事
【お知らせ】OTAブックアートの note をはじめました。

関連記事

  1. 【スタッフ日記】ただいま準備中! OB-Talk 01 「内側か…
  2. UTYテレビ「山梨いまじん(今人)」撮影のお話。
  3. 【お知らせ】「ポーラ ミュージアム アネックス展2020 —真正…
  4. 【お知らせ】セゾン現代美術館で 2020年7月26日(日)から開…
  5. 【蔵出しレポート】2020年1月25日「OTAブックラボ」の個人…
  6. 「OTAブックアート 印刷特別講義」を初開催しました。
  7. 【レポート】2019年12月5日「OTAブックラボ」個人ワークシ…
  8. 【新商品】箔のカット判をご用意しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【note を更新しました】OB-Talk 02 「めくるめくカレンダーと本の世界」

2020年5月2日(土)に開催する OTAブックアートのオンライン・トークイベント「O…

宝生会企画公演「夜能 ~夜語りの会~『雷電』」朗読台本の製本を、太田泰友が担当させていただきました。

2020年9月25日(金)宝生会による能舞台「夜能特別公演〜夜…

「瀬戸内国際芸術祭 2019」の秋会期がスタートしました

「瀬戸内国際芸術祭 2019」の秋会期が、9月28日(土)よりスタートしました。ブ…

PAGE TOP