MEDIA

【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (19) 「コロタイプ編」公開


太田泰友による、春陽堂書店の好評連載『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第19回が公開されました。☞https://www.shunyodo.co.jp/blog/2019/10/book_art19/

この連載では、本の新しい可能性を見せてくれるブックアートをさらに深く追究するべく、ドイツを中心に欧米で活躍してきたブックアーティスト太田泰友が、本に関わる素晴らしい技術や材料を求めて、日本国内を温(たず)ねる旅をしています。

「和紙を温ねて」の手漉き和紙作家、ロギール・アウテンボーガルトさん、
文字を温ねて」のカリグラファー、白谷泉さん、
「印刷を温ねて」のシルクスクリーン印刷工房、岡部版画工房、
「箔押しを温ねて」の箔押し師、中村美奈子さんに続いて、
今回からは再び「印刷を温ねて」と題し、京都便利堂でお話を伺っています。

第19回のテーマは「コロタイプ編」。

本をつくる上で欠かすことのできない〈印刷〉の中でも、世界最古の写真印刷技法とも言われる「コロタイプ」。その希少な技術を、一世紀にわたって継承し進化させているのが、今回の温ね先「京都便利堂」です。

明治20年創業の、歴史ある老舗が守り続ける伝統的な技術とは? 本を取り巻く様々な技術を考える上でのヒントを探し求め、世界でも珍しい「コロタイプ工房」を太田泰友の目線でご紹介。工房内の様子も写真でご覧いただけます。

続きは、春陽堂書店のWEBサイトでお楽しみください。

『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第19回
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2019/10/book_art19/


▼これまでの連載一覧
https://www.shunyodo.co.jp/blog/oota18/

📘「和紙を温ねて」
手漉き和紙作家 ロギール・アウテンボーガルトさん

📘文字を温ねて」
カリグラファー 白谷泉さん

📘「印刷を温ねて」
シルクスクリーン印刷工房 岡部版画工房

📘「箔押しを温ねて」
箔押し師 中村美奈子さん

関連記事

  1. 【TV】2022年9月17日(土)、フジテレビ系『新しいカギ』で…
  2. 東京都の芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト…
  3. 【スタッフ日記】オンライン・トークイベント、OB-Talk 02…
  4. 【雑誌】『美術手帖』(2020年 10月号)で、セゾン現代美術館…
  5. 【オーダーメイド】箔押しで年を重ねるオリジナル手帳、はじめました…
  6. 【お知らせ】2020年1月26日(日)「OTAブックアート 箔押…
  7. 【スタッフ日記】オンライン・トークイベント「OB-Talk 」初…
  8. 【noteを更新しました】OB-Talk 01「内側から滲み出る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【お知らせ】2020年9月26日(土)― 10月11日(日)「ポーラ ミュージアム アネックス展 2020 ― 真正と発気 ―」に、太田泰友が出展します。

2020年9月26日(土)から 10月11日(日)、銀座の POLA MUSEUM A…

【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『雷電』の朗読台本について、ご紹介いただきました。

株式会社 竹尾 のウェブストアtakeopaper.comで、…

【レポート】2020年1月13日「OTAブックラボ」個人ミーティングを実施しました。

OTAブックラボ第0期メンバーの活動は、昨年の秋以降、展示に向けて作品の完…

PAGE TOP