MEDIA

【春陽堂書店 web 連載】第21回「本を温ねて、ブックアートを知る」公開


太田泰友による、春陽堂書店の好評連載「本を温(たず)ねて、ブックアートを知る」第21回が公開されました。
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2020/01/book_art21/

この連載では、本の新しい可能性を見せてくれるブックアートをさらに深く追究するべく、ドイツを中心に欧米で活躍してきたブックアーティスト太田泰友が、本に関わる素晴らしい技術や材料を求めて、日本国内を温(たず)ねる旅をしています。

これまでに取材をしてきた、
「和紙を温ねて」の手漉き和紙作家、ロギール・アウテンボーガルトさん、
文字を温ねて」のカリグラファー、白谷泉さん、
「印刷を温ねて」のシルクスクリーン印刷工房、岡部版画工房、
「箔押しを温ねて」の箔押し師、中村美奈子さん、
「印刷を温ねて」のコロタイプ工房、京都便利堂に続いて、
今回からは「綴じを温ねて」と題し、「特定非営利活動法人 書物の歴史と保存修復に関する研究会」の代表理事を務める、板倉正子さんにお話を伺っています。

第21回のテーマは「綴じを温ねて(1)〜本の修復との出会い編〜」。ブックアートを考える上で必要不可欠である〈製本〉に着目した太田は、〈本の修復〉を本業とされる、板倉正子さんの元へ向かいました。

欧米では、図書館に修復室が備えられるなど、本の修復が日常的に行われているのに対して、なぜ日本では〈本を直す技術〉があまり根付いていないのか。アメリカ、スイス、ドイツなど海外でたくさんの経験を積んで来られた板倉さんに、日本と欧米の本の歴史についても伺いながら、その理由を紐解いています。ブックアーティストである太田とはまた違った角度で、日々〈本〉と向き合っていらっしゃる板倉さんのお話から、どんなヒントを見出せるのでしょうか。

続きは、春陽堂書店のWEBサイトでお楽しみください。

『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第21回
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2020/01/book_art21/


▼これまでの連載一覧
https://www.shunyodo.co.jp/blog/oota18/

📘「和紙を温ねて」
手漉き和紙作家 ロギール・アウテンボーガルトさん

📘文字を温ねて」
カリグラファー 白谷泉さん

📘「印刷を温ねて」
シルクスクリーン印刷工房 岡部版画工房

📘「箔押しを温ねて」
箔押し師 中村美奈子さん

📘「印刷を温ねて」
コロタイプ工房 京都便利堂

関連記事

  1. OTAブックアート、Instagramはじめました。
  2. 「瀬戸内国際芸術祭 2019」の秋会期がスタートしました
  3. 【BS朝日】11月19日(火)「魔法にかかった島々 ~武田双雲 …
  4. 【お知らせ】太田泰友が出展する「ポーラ ミュージアム アネックス…
  5. 【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で “Book…
  6. 2020年2月29日(土)「OTAブックアート ショッピングセン…
  7. 【レポート】2019年7月31日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  8. 【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【レポート】OTAブックアート ショッピングセンター が「製本マルシェ」に出店しました。

製本材料や道具のフリーマーケット「製本マルシェ March…

「OTAブックアート 印刷特別講義」を初開催しました。

2019年8月4日、OTAブックラボのメンバーを対象とした「OTA…

【レポート】2020年1月19日「OTAブックアート ショッピングセンター OPEN DAY」を開催しました。

2020年1月19日(日)、「OTAブックアート ショッピングセン…

PAGE TOP