MEDIA

【春陽堂書店 web 連載】第21回「本を温ねて、ブックアートを知る」公開


太田泰友による、春陽堂書店の好評連載「本を温(たず)ねて、ブックアートを知る」第21回が公開されました。
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2020/01/book_art21/

この連載では、本の新しい可能性を見せてくれるブックアートをさらに深く追究するべく、ドイツを中心に欧米で活躍してきたブックアーティスト太田泰友が、本に関わる素晴らしい技術や材料を求めて、日本国内を温(たず)ねる旅をしています。

これまでに取材をしてきた、
「和紙を温ねて」の手漉き和紙作家、ロギール・アウテンボーガルトさん、
文字を温ねて」のカリグラファー、白谷泉さん、
「印刷を温ねて」のシルクスクリーン印刷工房、岡部版画工房、
「箔押しを温ねて」の箔押し師、中村美奈子さん、
「印刷を温ねて」のコロタイプ工房、京都便利堂に続いて、
今回からは「綴じを温ねて」と題し、「特定非営利活動法人 書物の歴史と保存修復に関する研究会」の代表理事を務める、板倉正子さんにお話を伺っています。

第21回のテーマは「綴じを温ねて(1)〜本の修復との出会い編〜」。ブックアートを考える上で必要不可欠である〈製本〉に着目した太田は、〈本の修復〉を本業とされる、板倉正子さんの元へ向かいました。

欧米では、図書館に修復室が備えられるなど、本の修復が日常的に行われているのに対して、なぜ日本では〈本を直す技術〉があまり根付いていないのか。アメリカ、スイス、ドイツなど海外でたくさんの経験を積んで来られた板倉さんに、日本と欧米の本の歴史についても伺いながら、その理由を紐解いています。ブックアーティストである太田とはまた違った角度で、日々〈本〉と向き合っていらっしゃる板倉さんのお話から、どんなヒントを見出せるのでしょうか。

続きは、春陽堂書店のWEBサイトでお楽しみください。

『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第21回
https://www.shunyodo.co.jp/blog/2020/01/book_art21/


▼これまでの連載一覧
https://www.shunyodo.co.jp/blog/oota18/

📘「和紙を温ねて」
手漉き和紙作家 ロギール・アウテンボーガルトさん

📘文字を温ねて」
カリグラファー 白谷泉さん

📘「印刷を温ねて」
シルクスクリーン印刷工房 岡部版画工房

📘「箔押しを温ねて」
箔押し師 中村美奈子さん

📘「印刷を温ねて」
コロタイプ工房 京都便利堂

関連記事

  1. 【note を更新しました】OB-Talk 01 「内側から滲み…
  2. 【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (1…
  3. 「Brillia Culture Spice」オープニングイベン…
  4. 【レポート】2019年12月1日「OTAブックラボ」個人ワークシ…
  5. 【noteを更新しました】OB-Talk 売上金の寄付のご報告
  6. 【レポート】2019年8月18日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  7. Yasutomo Ota | OTA BOOK ARTS ウェブ…
  8. 【スタッフ日記】OB-Talk 04「カリグラフィック・アイ」配…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

「瀬戸内国際芸術祭 2019」の秋会期がスタートしました

「瀬戸内国際芸術祭 2019」の秋会期が、9月28日(土)よりスタートしました。ブ…

【レポート】2019年9月29日「OTAブックラボ」アトリエを使って制作活動!

作品制作もラストスパートとなってきた「OTAブックラボ」第0期。9月からは、希望者…

【映像】OB-Talk 01「内側から滲み出る造本デザイン」収録映像のダイジェスト版を公開しました。

https://youtu.be/jP33b96H8EA収録映像のフルバージョンはこちら☞…

PAGE TOP