NEWS

宝生会企画公演「夜能 ~夜語りの会~『雷電』」朗読台本の製本を、太田泰友が担当させていただきました。

2020年9月25日(金)宝生会による能舞台「夜能特別公演〜夜語りの会〜」で、台本の製本を、ブックアーティスト 太田泰友 が担当させていただきました。

劇作家・長田育恵さんが脚本を手掛け、声優・速水奨さんが朗読、能楽師・渡邊茂人さんの能『雷電』〜復曲能〜 が非日常の世界を創り出す、宝生流の企画公演。
太田が制作したのは、速水さんが舞台上で手に持っていらっしゃる、和綴じの本です。

この公演は、作家の書き下ろし脚本を用いた朗読、鼎談形式の解説によって、ストーリーや見どころをより深く理解した上で、実際の能楽のパフォーマンスを観るという構成になっており、初心者の方にも親しみやすい内容です。

歴史ある能の世界で、このような企画公演やネット配信など、新しいアイデアをどんどん生み出している宝生会と共に、〈能×本〉の可能性に挑戦させていただけることは、とても貴重な機会。今後の展開も、どうぞお楽しみに!

関連記事
【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『雷電』の朗読台本について、ご紹介いただきました。

関連記事

  1. 「瀬戸内国際芸術祭 2019」の秋会期がスタートしました
  2. Yasutomo Ota | OTA BOOK ARTS ウェブ…
  3. 【春陽堂書店 web 連載】第23回「本を温ねて、ブックアートを…
  4. 【レポート】2019年8月18日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  5. 【春陽堂書店 web 連載】第22回「本を温ねて、ブックアートを…
  6. 【レポート】2019年9月29日「OTAブックラボ」アトリエを使…
  7. 【スタッフ日記】OB-Talk 04「カリグラフィック・アイ」配…
  8. 【蔵出しレポート】2020年1月13日「OTAブックラボ」の個人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【スタッフ佐藤の Binding Road】#11 蝶の道行き 「列帖装」

和本というと四つ目綴じを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、列帖装もまた古くから作られてきた…

【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (17) 「箔押しの今日編」公開

太田泰友による、春陽堂書店の好評連載『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第17回が公…

【スタッフ佐藤の Binding Road】#7 2つのルーツ? 「Secret Belgian Binding」

OTAブックアート2回目のオンライン製本ワークショップを開催しました。今回取り上げたのは Se…

PAGE TOP