NEWS

宝生会企画公演「夜能 ~夜語りの会~『雷電』」朗読台本の製本を、太田泰友が担当させていただきました。

2020年9月25日(金)宝生会による能舞台「夜能特別公演〜夜語りの会〜」で、台本の製本を、ブックアーティスト 太田泰友 が担当させていただきました。

劇作家・長田育恵さんが脚本を手掛け、声優・速水奨さんが朗読、能楽師・渡邊茂人さんの能『雷電』〜復曲能〜 が非日常の世界を創り出す、宝生流の企画公演。
太田が制作したのは、速水さんが舞台上で手に持っていらっしゃる、和綴じの本です。

この公演は、作家の書き下ろし脚本を用いた朗読、鼎談形式の解説によって、ストーリーや見どころをより深く理解した上で、実際の能楽のパフォーマンスを観るという構成になっており、初心者の方にも親しみやすい内容です。

歴史ある能の世界で、このような企画公演やネット配信など、新しいアイデアをどんどん生み出している宝生会と共に、〈能×本〉の可能性に挑戦させていただけることは、とても貴重な機会。今後の展開も、どうぞお楽しみに!

関連記事
【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『雷電』の朗読台本について、ご紹介いただきました。

関連記事

  1. 【レポート】2019年8月18日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  2. 東京都の芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト…
  3. 【BS朝日】11月19日(火)「魔法にかかった島々 ~武田双雲 …
  4. 【お知らせ】OTAブックラボ 第1期メンバーを募集します。
  5. 【お知らせ】2022年4月1日(金)– 4月22日(金)銀座 蔦…
  6. 【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (1…
  7. 【お知らせ】2023年8月26日(土)トークイベント「アーティス…
  8. 【レポート】作品完成まであと少し!「OTAブックラボ」最終発表を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

OTAブックラボは〈ラボ〉である—— 太田泰友の Book Arts Journey(4)

OTAブックラボ2023シーズンのメンバー募集期間ということで、日頃からこの〈ラボ〉…

【お知らせ】2020年12月19日(土)OTAブックアート 製本ワークショップ〈コプティック製本〉を開催します!

OTAブックアート 製本ワークショップコプティック製本■…

【雑誌】BRUTUS(2022年8月15日号 No. 967) 「棚は、生きざま」特集で、太田泰友の棚をご紹介いただきました。

BRUTUS(2022年8月15日号 No. 967)「棚は、生きざま」特集で、ブ…

PAGE TOP