EXHIBITION

【レポート】太田泰友ブックアート展「背を見て育つ」クロージングイベントを、八戸ブックセンターで開催しました。

こんにちは! OTAブックアート・スタッフのKです。 本日は、2019年2月9日(日)から 4月21日(日)まで青森県八戸市の八戸ブックセンターで開催されていた、太田泰友ブックアート展 「背を見て育つ」のクロージングに関するレポートをお届けします!

会場の八戸ブックセンターは、全国的にも珍しい市営の書店。「本のまち八戸」を市長3期目の政策公約に掲げ、本の文化でまちづくりを目指す八戸市において、重要な拠点となる場所です。

「背を見て育つ」は、これまでドイツを拠点に制作してきた作品から、最新作の「Book-Composition 22—Atlas from 1896」まで、太田泰友のブックアートを堪能していただける内容となりました。
詳細レポートはこちら

約2ヶ月半に及ぶ会期を終える最終日には、太田も会場へ。この日は、太田泰友と加藤亮介(デザイナー)によるユニット「造本見本帳」の新作「WOOK」も特別に展示し、会場を彩りました。

会期終了後も、こちらの「WOOK」は引き続き、八戸ブックセンターで展示販売していただいています。ぜひ、お気に入りの1冊を探してみて下さい。

クロージングイベントでは、内沼晋太郎さんを聞き手にお迎えし、太田泰友とのトークイベントを開催しました。地元の方だけでなく、東京から駆けつけてくださった方や、八戸市長まで、たくさんのお客様にお越しいただき、会場は満員御礼!

聞き手を務めてくださった、内沼晋太郎さんとは、渋谷のラジオの番組「渋谷のことば」でお話して以来のトーク。(☞ ラジオの放送内容はこちら

ブックアートとは? というテーマはもちろん、ドイツ時代から今日に至るまでの太田の活動についても、たっぷりとお話しました。

トーク終了後は、個展会場であるギャラリーへ移り、作品を目の前にしながら、お客様一人ひとりとじっくりお話することが出来ました。会期中何度も何度も足を運んでくださった、という情熱的な方との嬉しい出会いもありました。

その方は普段から短歌を嗜んでいるそうで、太田の作品をテーマに詠まれた直筆の短歌をプレゼントしていただきました! インスピレーションを受けた10作品が、一つひとつ短歌で表現された連作。作品への感想を作品で返していただくという、新しい体験に太田も感激しました。

八戸で出会った方々はみなさんとてもあたたかく、今回の個展は、とても思い出深いものになりました。ご来場いただいたみなさま、トークイベントにご出演いただいた内沼晋太郎さん、八戸ブックセンターのみなさま、ありがとうございました!

関連記事

  1. 【レポート】2019年7月25日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  2. 【お知らせ】新型コロナウイルス感染拡大に伴うワークショップ・イベ…
  3. 【スタッフ日記】オンライン・トークイベント「OB-Talk 」初…
  4. 【お知らせ】新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う、セゾン現代美…
  5. 【お知らせ】2020年12月19日(土)OTAブックアート 製…
  6. 【レポート】2019年8月28日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  7. 2020年2月21日(金)– 3月15日(日)「ポーラ ミュージ…
  8. 【スタッフ日記】ブックアートの秋! 太田泰友、銀座・横浜・軽井沢…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【スタッフ日記】オーストラリア “Canberra Craft Bookbinders Guild” からの訪問。

ブックアーティスト 太田泰友 が、ブックアートのための〈活動・発信・実験の場〉とし…

太田泰友の Book Arts Journey (1) プロローグ

人はいつか死ぬ。死ななくとも、忘却する。これまで、僕がブックアートの制作活動を…

【四国新聞】2019年7月5日「Izumoring—cosmos of rare sugar」掲載

瀬戸内国際芸術祭 2019 に、ブックアーティスト太田泰友が出展している作品「Izumor…

PAGE TOP