NEWS

【映像】太田泰友の作品 “Book Para-Site” の動画を公開しました。

太田泰友の作品 “Book Para-Site” の映像を、OTAブックアートのYoutubeチャンネル で公開しました。展示をご覧いただけなかった方にも、雰囲気を味わっていただける動画になっています。ぜひご覧ください!

Yasutomo Ota «Book Para-Site», 2019

本と建築は似ている。本にも「扉」や「柱」と呼ばれるものがあるし、 動線を考えながらレイアウトを作り込んでいく点もよく似ている。
人間よりも小さく、手で持つことができるのが本で、人間よりも大きく、身体として入ることができるのが建築だ。大きさは異なるが、共に宇宙だ。

「最も重要な『芸術』を問われたなら『美しい家』と答えよう、その次に重要なのは『美しい書物』と答えよう――。」

私がブックアートの制作を始めた当時、大きな影響を受けたウィリアム・モリスの言葉にも、本と建築の関係性を読み取れる。建物の形に合わせて寄生するように存在する「本」が、新たな「本と建築の関係」を生み出す。

この作品は、2019年11月15日から2020年1月末まで、東京・八重洲にある東京建物八重洲ビル1階 Brillia Lounge 「THE GALLERY」で展示されていた、「Brillia ART AWARD 2019」の入選作品です。

作品に関する詳細記事は、こちらをご覧ください。
東京・八重洲に巨大な本が出現!太田泰友 “Book Para-Site” 公開
【スタッフKの作品紹介】“Book Para-Site” と “Book Para-Site 2―betwixt boards” についてのお話。

関連記事

  1. 【noteを更新しました】OB-Talk 04「カリグラフィック…
  2. 【レポート】2019年7月31日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  3. 【スタッフ佐藤の Binding Road】#1 はじまり
  4. 【レポート】太田泰友ブックアート展「背を見て育つ」クロージングイ…
  5. 【ウェブメディア】美術手帖に「いま、訪れたい美術館。『都市は自然…
  6. 【お知らせ】2020年1月26日(日)「OTAブックアート 箔押…
  7. 【春陽堂書店 web 連載】第23回「本を温ねて、ブックアートを…
  8. 【お知らせ】2022年4月1日(金)– 4月22日(金)銀座 蔦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【スタッフ日記】製本アーティスト 山崎曜さんの作品展「ひかるもの」を観に行きました。

製本アーティスト山崎曜さんの作品展「ひかるもの」へ行ってきました!今回の展示で…

【noteを更新しました】OB-Talk のチケット売り上げの寄付について

この度、OTAブックアートは、オンライン・トークイベント「OB-Talk」のチケッ…

【雑誌】『美術手帖』(2020年 10月号)で、セゾン現代美術館の企画展「都市は自然」をご紹介いただきました。

雑誌『美術手帖』2020年10月号に、セゾン現代美術館で開催中の展覧会「都市は自然…

PAGE TOP