NEWS

【映像】太田泰友の作品 “Book Para-Site” の動画を公開しました。

太田泰友の作品 “Book Para-Site” の映像を、OTAブックアートのYoutubeチャンネル で公開しました。展示をご覧いただけなかった方にも、雰囲気を味わっていただける動画になっています。ぜひご覧ください!

Yasutomo Ota «Book Para-Site», 2019

本と建築は似ている。本にも「扉」や「柱」と呼ばれるものがあるし、 動線を考えながらレイアウトを作り込んでいく点もよく似ている。
人間よりも小さく、手で持つことができるのが本で、人間よりも大きく、身体として入ることができるのが建築だ。大きさは異なるが、共に宇宙だ。

「最も重要な『芸術』を問われたなら『美しい家』と答えよう、その次に重要なのは『美しい書物』と答えよう――。」

私がブックアートの制作を始めた当時、大きな影響を受けたウィリアム・モリスの言葉にも、本と建築の関係性を読み取れる。建物の形に合わせて寄生するように存在する「本」が、新たな「本と建築の関係」を生み出す。

この作品は、2019年11月15日から2020年1月末まで、東京・八重洲にある東京建物八重洲ビル1階 Brillia Lounge 「THE GALLERY」で展示されていた、「Brillia ART AWARD 2019」の入選作品です。

作品に関する詳細記事は、こちらをご覧ください。
東京・八重洲に巨大な本が出現!太田泰友 “Book Para-Site” 公開
【スタッフKの作品紹介】“Book Para-Site” と “Book Para-Site 2―betwixt boards” についてのお話。

関連記事

  1. 【四国新聞】2019年7月5日「Izumoring—cosmos…
  2. 【春陽堂書店 web 連載】第21回「本を温ねて、ブックアートを…
  3. 【お知らせ】OTAブックラボ 第1期メンバーを募集します。
  4. 【ウェブメディア】美術手帖に「いま、訪れたい美術館。『都市は自然…
  5. 【春陽堂書店 web 連載】ついに最終回! 第24回「本を温ねて…
  6. 【お知らせ】2020年8月4日(火)– 11月29日(日)SEZ…
  7. 【takeopaper.com】「あの紙、この紙」で 、夜能 『…
  8. 【レポート】2020年1月19日「OTAブックアート ショッピン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【スタッフKの作品紹介】“Book Para-Site” と “Book Para-Site 2―betwixt boards” についてのお話。

建物や展示台など、設置される空間の形に合わせて〈寄生〉するように存在する〈本〉…

【スタッフ日記】OB-Talk 04「カリグラフィック・アイ」配信リハーサルを実施しました。

OTAブックアートがお届けするオンライン・イベント、OB-talk 04「カリグラフィ…

【お知らせ】2020年12月19日(土)OTAブックアート 製本ワークショップ〈コプティック製本〉を開催します!

OTAブックアート 製本ワークショップコプティック製本■…

PAGE TOP