WORKSHOP

【スタッフ佐藤の Binding Road】#7 2つのルーツ? 「Secret Belgian Binding」

OTAブックアート2回目のオンライン製本ワークショップを開催しました。今回取り上げたのは Secret Belgian Binding です。

Secret Belgian Binding は、15世紀頃にベルギーで作られていた製本方法で長らく不明だった作り方を、アメリカの製本家 Hedy Kyle さんが解明したと言われています。その経緯が「Secret(秘密の)」と言われる所以のようです。

この綴じ方にはもう一つ、Criss Cross Binding という名前もあります。こちらはベルギーの製本家 Anne Goy さんが 1980年代に生み出したと言われています。和本の四つ目綴じのような見た目で、開きの良い西洋式の製本方法を作りたかったのだそうです。

どちらのルーツが正しいのかは分かりませんが、どちらにせよ見た目と作りの面白さから興味をそそられる製本方法です。パタパタと表と裏が交互に出てくるからくり民芸玩具のような表紙ボードの不思議な動きから、「秘密の」と呼びたくなる気持ちも分かるような気がします。

特徴は、糸だけで繋ぎ合わされた表紙ボード。そして、背のボードに巻きつけた糸に折丁を綴じつけていく綴じ方です。

作業は手元カメラで糸の運び方などを大きく写しながら進めました。仕上がりの見た目からは複雑な作業をしていそうですが、実は作りはさほど難しくはありません。工程が多いので、仕上げた後の満足感は高いのではないかと思います。

今回は、オンタイムで参加できるのはお一人だけで、他の参加者は動画配信という形をとりました。これもOTA ブックアート製本ワークショップとしては、初の試みです。今回はブックラボメンバー限定のお試しということで手探り状態でしたが、いつかもっと多くの方にご参加いただける機会があるかも知れません。

紙選びは、前回のオンラインワークショップ同様に、キーワードでイメージを伝えてもらい、代表の太田が紙をセレクトして送るという方法をとりました。
ここで代表太田の遊びゴゴロが発動!送る紙の種類を増やす一方で枚数は少なくし、表紙・背・見返しのそれぞれの紙をより自由に組み合わせられるようにしたのです。

例えば、表紙2枚を同じ色にしたら背は違う色になるといった具合です。もちろん、全ての部分に違う種類の紙を使うことも可能です。材料を受け取った参加者の皆さんも、カラフルな紙の束にワクワクしたのではないでしょうか。

結果はぜひ、参加者の皆さんが寄せてくださった仕上がり写真をご覧ください。

関連記事
【スタッフ佐藤の Binding Road】#6 離れていても 「交差式製本」
【スタッフ佐藤の Binding Road】#5 長い旅路「コプティック製本」
【スタッフ佐藤の Binding Road】#4 行きつ戻りつ「四ツ目綴じ」
【スタッフ佐藤の Binding Road】#3 山あり谷あり「折本」
【スタッフ佐藤の Binding Road】#2 一歩目「一折中綴じ」
【スタッフ佐藤の Binding Road】#1 はじまり
OTAブックラボに関する記事はこちら。
個人ワークショップに関する記事はこちら。
企画ワークショップに関する記事はこちら。

関連記事

  1. OTAブックアート、Instagramはじめました。
  2. 【スタッフ佐藤の Binding Road】#8 漸進「カルトン…
  3. 【スタッフ佐藤の Binding Road】#1 はじまり
  4. 【レポート】OTAブックアート ショッピングセンター が「製本マ…
  5. 【レポート】2019年8月18日「OTAブックラボ」ラボミーティ…
  6. UTYテレビ「山梨いまじん(今人)」撮影のお話。
  7. 【お知らせ】2020年1月26日(日)「OTAブックアート 箔押…
  8. 【スタッフ日記】ブックアートの秋! 太田泰友、銀座・横浜・軽井沢…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【noteを更新しました】OB-Talk のチケット売り上げの寄付について

この度、OTAブックアートは、オンライン・トークイベント「OB-Talk」のチケッ…

【スタッフ日記】OTAブックラボメンバーと共に、OB-Talk 03「一億総ブックアーティスト時代」配信を終えて。

どうも、スタッフK です!緊急事態宣言が解除されるなど、世の中の状況も…

【春陽堂書店 web 連載】本を温ねて、ブックアートを知る (19) 「コロタイプ編」公開

太田泰友による、春陽堂書店の好評連載『本を温(たず)ねて、ブックアートを知る』第19回が公…

PAGE TOP